ソーシャルインパクトイベント
By robotistic Follow | Public

特定非営利活動法人アース・アイデンティティ・プロジェクツ27周年記念イベント
開催場所:国連大学  ウ・タントホール

日時:2018年3月26日 午前10:00 時 – 午後13:00 pm

主催:特定非営利活動法人アース・アイデンティティ・プロジェクツ​
共催: Global Digital Mojo Japan
​後援:キューコジャパン株式会社

会費:7,000円(ムハマド・ユヌス新書『3つのゼロの世界』と同時通訳レシーバー付
​(定員360名/内残席100)

開催趣旨
シンギュラリティーの時代が到来し、 世界中の人々が人類の存在価値を問い直しています。 今までの定義や様々な枠組みがDisruptionにより崩れていき、テクノロジーは急速に私達の生活に変化をもたらし、経済の仕組みまでもが激変していきます。 世界中で毎日のように新たなイノベーションが起きているにも関わらず、貧困、 戦争、環境汚染、難民問題といった重要で深刻な社会問題は依然として解決を見ません。人類の進化の分岐点に立った今「私達は何のために イノベーティベーションを起こしたいのだろうか?」 「次世代のためにどのような社会を創造したいのだろうか?」 という社会共通の問題意識は広まり始めており、個人と組織両方のレベルで、問題解決に向けた取り組みをリードするイノベーターやアントレプレナーが増えつつあります。こういった現象は、ムハマド・ユヌス博士が長年掲げて来たビジョンに沿っているものの、私たちの活動は始まったばかりの状態です。 ユヌス博士が成し遂げた多くの成功事例は、新たな社会デザインの支えとなり 、次世代のソーシャル・イノベーターやアントレープレナー達にとって、確固たる指針であり続けることは間違いないでしょう。このイベントのタイトル「World of Three Zerosー三つのゼロの世界ー」では、貧困と失業、そして環境汚染といった世界共通の問題をどのように解決できるのか、ユヌス博士の先見性と実働による経験に基づいたお話をしていただきます。 続いて、東北大学の大滝教授と未来を担う注目すべき若手ソーシャル・イノベーター達によるパネルディスカッションを行い、その後にユヌス博士と質疑応答をしていただきます。

NPO法人アース・アイデンティー・プロジェクツはその前身である任意団体「雲母の海」から過去27年に渡り、貧困の女性の雇用促進から始まり、そして「世界一大きな絵」と冠した平和推進プロジェクトを世界各地で行ってまいりました。

世界中の子供達が、平和で持続可能な未来の実現を願って、彼らの頭の中にあるイメージを一枚の布にアートとして表現し、そうして出来た一枚一枚の作品を最終的に大きな一枚の絵として繋げるプロジェクトです。



この活動により、絵を描いた子供達の成長に伴い、アース・アイデンティティー・プロジェクツも次のステップへと進化してまいりたいと存じます。 

彼らが世界中の仲間と協働しながら、様々な社会問題の解決に取り組み、ソーシャルビジネスとして解決の具現化に向けて取り組むことを可能とするために、アース・アイデンティティー・ソーシャルイノベーション・ファンドを創設する運びとあいなりました。ファンドは社会事業に参画する若手のソーシャル・アントレプレナーの育成と、事業創出に投資してまいります。次世代がより良き未来を構築していくために最大限尽力していきたいと思います。

本イベントが、皆様に内在するソーシャル・イノベーターを呼び起こすきっかけとなれば幸いです。





プログラム
9:30―      開場

10:00―10:15   開会 主催者開演の辞及びウェルカムスピーチ/ウェルカム・ソング

10:15―10:45   ムハマド・ユヌス博士基調講演

10:45―11:05   大杉卓三によるユヌス・ソーシャルビジネスプレゼンテーション

11:05―12:00   大滝教授と次世代の社会起業家によるパネルディスカッション・質疑応答

12:00ー12:40   ユヌス博士と次世代の社会起業家との質疑応答

12:40―12:55   EIP27周年記念プレゼンテーション 2019 EIP ファウンデーション設立と将来に向けて(動画) 

12:55―13:00   閉会の辞